きつねの易占い
- 賢者達が学んだ思想 -
-周易と断易から学ぶ易の世界-

  • Image 01

    天は尊く地は卑しくして乾坤定まる。

  • Image 02

    剛柔相推して変化を生ず。

  • Image 03

    この故に吉凶とは失得の象なり。

  • Image 04

    易は天地と準う。故に能く天地の道を弥綸す。

  • Image 05

    一陰一陽、これを道と謂う。

  • Image 06

    これを継ぐものは善なり。これを成すものは性なり。

易占い > 易経講座 > 坎卦の意味と象意
 

■易経講座 目次


■坎卦の意味と象意

坎卦の基本的な意味や象意の解説になります。 坎卦は五行の要素と併せて、「坎水」とも称され、自然事象においては「水」を表します。 易経では、六十四卦を基にして様々な事象を表していますが、六十四卦を構成する基本の八卦は非常に重要になります。 この基本的な八卦の中で、坎卦は水を表し、他の八卦との組み合わせにおいて、様々な自然事象を表すのが易の基本となります。


▼坎卦の図象1

坎卦の図象1

▼坎卦の図象2

坎卦の図象2

■坎卦の基本的な意味

坎卦の基本的な意味の解説になります。 先天図、後天図、五行思想や十二支との関係性などを考慮し、様々な視点で坎卦を考察していくことが大事になります。 易の思想を学ぶ際には、固定観念にこだわらず、自由な発想や想像力、柔軟な対応を心がけるようにてください。


▼坎卦の図象3

坎卦の図象3


▼坎卦の図象4

坎卦の図象4

要素内容
卦名 坎 (かん)
五行 水 坎水 (かんすい)
紫白星 一白貪狼 (一白水星)
方位 方位:真北
十二支 十二支:子
先天数:6 後天数:6
河図(先)「1 6」の基本数
年月日時子-水行の年月日時 「1 6」の月日
月時 子月 (12月) 子刻 (23-01時)
節気 大雪 冬至 (12月)
黒色 灰色
人名 さんずいの人 字画数は「1 6」の系数
人物部下 子供 中年男性
象意子孫 子供 部下 健康 妊娠 睡眠 夫婦の交わり 情事 思念 研究 創作
気質思念深さ もの思い 同情心 正義感 優しさ

■坎卦の基本的な象意と事象

坎卦の基本的な象意と事象の解説になります。 陰陽思想や五行思想を基にしている易の思想を考慮し、先天図や後天図、五行や十二支の関係性などを複合的に考慮していくことで、坎卦から様々な事象が見えてきます。 易卦の意味や事象などを解釈することで、柔軟性が養われ、想像力や発想力、応用力などが高まります。 固定観念や先入観にとらわれず、自然哲学という背景を意識して視野を広げるようにしてみましょう。


▼坎卦の図象5

坎卦の図象5

▼基本的象意

水 流動するもの 浸透するもの 溶けるもの 沈没 入浴 水泳 泣く 溺れる 流れる 濡れる 穴 凹み 下 零落 放蕩 情交 私通 不倫 色情 多情 失恋 嘆く 悩む 陰の事 秘密 刑罰 冷淡 奸智 敗北 下層階級 災害 気迷い 憂愁 飲む 睡眠 毒 死ぬ


▼人物

中年の男性 悪人 盗賊 姦淫する人 遊女 妾 色情狂 妊婦 潜行者 水子 外交員 知恵者 死者 喪に服している人 亡命者 脱獄 脱走者 スパイ スリ 陰気な人 根気のない人 俗に言う小人


▼職種

水産業 酒造業 船舶に関する仕事全般 塗装業 酒に関する仕事の一切 クリーニング業 染物業 銭湯 風俗産業 魚屋 僧侶 尼僧 芸者 売春婦 水夫


▼坎卦の図象6

坎卦の図象6

▼人体

人造 膀胱系 陰部 子宮 肛門 鼻孔 耳 眼球 脊椎 涙 汗 血液 精液


▼病気

腎臓病 性病 酒毒症 耳の病気 婦人病 水腫 浮腫 ふきでもの 整理異常 冷え性 痔 心臓病 下痢 腰から下の病気


▼物品

船舶一切 液体一切 釣具店 酒の器 帯 袴 手拭 人形 しわのある服 指輪 水晶 毒 核のあるもの 弓 車


▼場所

海 水 川関連 銭湯 医院 病院 葬儀場 告別式場 死に関する場所 地下室 穴蔵 洞窟 流し場 洗面所 便所 漁場 消防署


▼坎卦の図象7

坎卦の図象7

▼食物

水に関連 醤油 味噌汁 吸い物 塩 漬物 豆腐 生の魚 蓮根 海苔 昆布


▼動物

豚 狐 地下に住む動物 水中に住む動物


▼植物

水際の植物 水中にある植物 寒椿 へちま 瓢箪 キュウリ


▼天気

冬に雪 寒気 霜 霧 北風 雨 満ち潮 闇夜 夏は水害


▼坎卦の図象8

坎卦の図象8


■きつねの易占いからのご案内

▼各種無料診断 無料メルマガのご案内

人類が研究し続けてきた「暦」という叡智から、時流の流れを掴むことを目的とした開運メルマガを配信中です。 時流を知ることにより、運という目に見えないものを感じ、好機を掴むことができるでしょう。


▼有料鑑定 占い講座 各種契約のご案内


■きつねの易占いからのご案内