きつねの易占い
- 賢者達が学んだ思想 -
-周易と断易から学ぶ易の世界-

  • Image 01

    天は尊く地は卑しくして乾坤定まる。

  • Image 02

    剛柔相推して変化を生ず。

  • Image 03

    この故に吉凶とは失得の象なり。

  • Image 04

    易は天地と準う。故に能く天地の道を弥綸す。

  • Image 05

    一陰一陽、これを道と謂う。

  • Image 06

    これを継ぐものは善なり。これを成すものは性なり。

易占い > 梅花心易で占う > 皇極経世書による今日の世相
 

■梅花心易で占う 目次


■皇極経世書による今日の世相の結果

本日:2021/01/20

梅花心易の考案者でもある邵雍(しょうよう)が著した、皇極経世書による今日の世相になります。易学の天才とも呼ばれた邵雍の易の世界観は独特なものであり、人類が生まれてから滅びるまでの世相を論理的に占ったとされています。数理計算と易学とを配合した思想は、世の盛衰を的確に捉えているものでもあります。


邵雍の著した皇極経世書の理論を元にした、今日の世相を占う易占いになります。易学の天才とも呼ばれた邵雍が、世の盛衰をどのように考え判断していたのかを体験することもできます。世の中の社会的な運勢の傾向を把握することにより、自分自身が取るべき行動や方向性を模索することができます。判断や決断などに迷う際には、社会的な運勢の盛衰を判断基準として活用してみましょう。



▼皇極経世書による今日の世相

皇極経世書による今日の世相

▼皇極経世書による今日の世相 運勢の推移

皇極経世書では、人類の誕生から滅亡までの社会的な運勢の盛衰を、数理学と易学とで紐解いています。その中で日々の社会的な運勢の盛衰を占うのがここでの易占いとなり、短期的な時間で解釈する場合の社会的な運勢の傾向になります。この今日の世相の内容を元に、行動を起こす際や大事な判断をする際の判断基準とすることで、世の中の運勢の波を味方に付け、今日と言う一日を最大限に充実した一日とすることができるでしょう。


▼今日の易卦 天地否 (12)


上卦:乾天乾
下卦:坤地坤

▼上卦図象 乾天

乾天

▼下卦図象 坤地

乾天

▼六十四卦図象 天地否

天地否

▼皇極経世書の世相 天地否

皇極経世書による今日の世相

▼1月20日の運勢と世相の一覧

時間帯易卦昇運
1-5時天地否 初爻変
之卦:天雷无妄
70
5-9時天地否 二爻変
之卦:天水訟
60
9-13時天地否 三爻変
之卦:天山遯
20
13-17時天地否 四爻変
之卦:風地観
60
17-21時天地否 五爻変
之卦:火地晋
60
21-翌1時天地否 上爻変
之卦:沢地萃
70
時間帯易卦昇運

▼1月20日1-5時の運勢 天地否 初爻変

▼六十四卦 天地否 (12)


上卦:乾天乾1爻変
下卦:坤地坤1爻変

▼六十四卦図象 天地否

天地否


▼天地否 初爻変の卦辞と解釈

昇運確率:70% 降運確率:30%

天地否 初爻「初六、抜茅茹。以其彙。貞吉亨。」ちがやをぬくにじょたり。そのたぐいとともにす。ていなればきちにしてとおる。


澄み渡る大空が果てしなく続きます。実り豊かな大地がどこまでも広がります。広大な天と地は交わる事はありません。正しい意思も通らず状況は停滞します。関わる相手は慎重に選ぶこと。周囲の仲間達とは一蓮托生の状態です。付き合う相手を誤れば災難を被ります。無理せず協力を謙虚に仰ぎましょう。

▼1-5時の背景や顛末 之卦:天雷无妄

天雷无妄


▼天雷无妄の卦辞と解釈

天雷无妄(てんらいむぼう):「无妄、元亨。利貞。其匪正有眚。不利有攸往。」むもうは、おおいにとおりてただしきによろし。それせいにあらざればわざわいあり。ゆくところあるによろしからず。


天空で雷鳴が轟き、全てを震わせています。天の輝きと共に轟音が響き渡ります。邪心と欲望は捨て、必要な事だけを誠実に進めること。不要な事はせず、安定と平和を尊びましょう。天の意に逆らわず真っ直ぐ進む時です。正当な流れに身を任せてみましょう。正しき道から外れないこと。不慮の事故や災難には要注意。

▼1月20日5-9時の運勢 天地否 二爻変

▼六十四卦 天地否 (12)


上卦:乾天乾2爻変
下卦:坤地坤2爻変

▼六十四卦図象 天地否

天地否


▼天地否 二爻変の卦辞と解釈

昇運確率:60% 降運確率:40%

天地否 二爻「六二、包承。小人吉。大人否亨。」ほうしょうす。しょうじんはきちなり。たいじんはひにしてとおる。


澄み渡る大空が果てしなく続きます。実り豊かな大地がどこまでも広がります。広大な天と地は交わる事はありません。正しい意思も通らず状況は停滞します。間が悪く望むように進めません。目上に従う事で平穏無事に過ごせます。自己主張はせず信念は堅く守ること。流れに身を任せ好機を窺いましょう。

▼5-9時の背景や顛末 之卦:天水訟

天水訟


▼天水訟の卦辞と解釈

天水訟(てんすいしょう):「訟、有孚窒。惕中吉、終凶。利見大人。不利渉大川。」しょうは、まことありてふさがる。おそれてちゅうすればきち、おわればきょうなり。たいじんをみるによろし。たいせんをわたるによろしからず。


昼間の晴天が嘘のように、雨雲が視界一杯に広がります。その光景は嵐の到来を予感させます。些細な誤解から、予期せぬ対立を招きます。言動は控えめにし、周囲の意見に従うこと。理不尽な思いをしても、我を通すと反感を買うことに。争わず和を貴ぶことで事なきを得るでしょう。折れることが危険回避の近道です。

▼1月20日9-13時の運勢 天地否 三爻変

▼六十四卦 天地否 (12)


上卦:乾天乾3爻変
下卦:坤地坤3爻変

▼六十四卦図象 天地否

天地否


▼天地否 三爻変の卦辞と解釈

昇運確率:20% 降運確率:80%

天地否 三爻「六三、包羞。」はじをつつむ。


澄み渡る大空が果てしなく続きます。実り豊かな大地がどこまでも広がります。広大な天と地は交わる事はありません。正しい意思も通らず状況は停滞します。本当の問題は内側に隠れています。言動を謙虚に省みると失態は防げます。誘惑に負けると信頼と立場を失います。動かず問題を明確にしましょう。

▼9-13時の背景や顛末 之卦:天山遯

天山遯


▼天山遯の卦辞と解釈

天山遯(てんざんとん):「遯、亨。小利貞。」とんは、とおる。しょうはていなるによろし。


大空を覆うような、壮大な山々が広がります。その道を無理に進むと遭難します。素直に身を退きましょう。正論を説いても通らない、理不尽な時もあります。意地や見栄を張らず、潔く身を退くこと。失うものは最小限に抑えられます。深追いしても得られるものは損失と後悔ばかり。つまらぬ見栄と執着は捨てること。

▼1月20日13-17時の運勢 天地否 四爻変

▼六十四卦 天地否 (12)


上卦:乾天乾4爻変
下卦:坤地坤4爻変

▼六十四卦図象 天地否

天地否


▼天地否 四爻変の卦辞と解釈

昇運確率:60% 降運確率:40%

天地否 四爻「九四、有命无咎。疇離祉。」めいあればとがなし。とも、さいわいにつかん。


澄み渡る大空が果てしなく続きます。実り豊かな大地がどこまでも広がります。広大な天と地は交わる事はありません。正しい意思も通らず状況は停滞します。流れには従い無理に逆らわないこと。周囲の意見を素直に受け入れること。協力すると大事も成し遂げられます。幸福を周囲と分かち合いましょう。

▼13-17時の背景や顛末 之卦:風地観

風地観


▼風地観の卦辞と解釈

風地観(ふうちかん):「観、盥而不薦。有孚顒若。」かんは、てあらいてすすめず。まことありてぎょうじゃくたり。


大地の上を穏やかな風が吹き渡っています。風は遠くから遠くへと渡っていきます。視野と見聞を広げ、全体像を見直す時です。熟考し慎重に決断すること。誠意ある行動が、周囲の信頼に変わります。流れは規則正く、道理に適うものです。不安を覚えたら一度立ち止まりましょう。状況を見直せば不安も解消されます。

▼1月20日17-21時の運勢 天地否 五爻変

▼六十四卦 天地否 (12)


上卦:乾天乾5爻変
下卦:坤地坤5爻変

▼六十四卦図象 天地否

天地否


▼天地否 五爻変の卦辞と解釈

昇運確率:60% 降運確率:40%

天地否 五爻「九五、休否。大人吉。其亡其亡、繋于苞桑。」ひをやむ。たいじんはきちなり。それほろびなん、それほろびなんとて、ほうそうにかかる。


澄み渡る大空が果てしなく続きます。実り豊かな大地がどこまでも広がります。広大な天と地は交わる事はありません。正しい意思も通らず状況は停滞します。続いた困難も次第に緩くなります。緩和に油断せず謙虚に振る舞うこと。平穏を得るまで慎重に判断すること。最後まで気を抜かず対応しましょう。

▼17-21時の背景や顛末 之卦:火地晋

火地晋


▼火地晋の卦辞と解釈

火地晋(かちしん):「晋、康侯用錫馬蕃庶、昼日三接。」しんは、こうこうもちいてうまをたまわることはんしょにして、ちゅうじつみたびせっせらる。


地平線から眩しい朝日が昇り始めます。陽は次第に高くなり、道は明るく照らされるでしょう。何事も挑戦する気で積極的に進むこと。その勢いは益々盛大なものになります。事を起こせば成功に至り、目上の人には引き立てられます。臆病さと邪心は後悔することに。正しき道を進む限り、恐れるものは何もありません。

▼1月20日21-翌1時の運勢 天地否 上爻変

▼六十四卦 天地否 (12)


上卦:乾天乾6爻変
下卦:坤地坤6爻変

▼六十四卦図象 天地否

天地否


▼天地否 上爻変の卦辞と解釈

昇運確率:70% 降運確率:30%

天地否 上爻「上九、傾否。先否後喜。」ひをかたむく。さきにはふさがり、あとにはよろこぶ。


澄み渡る大空が果てしなく続きます。実り豊かな大地がどこまでも広がります。広大な天と地は交わる事はありません。正しい意思も通らず状況は停滞します。厳しい状況も時期に終わりを迎えます。塞がれていた道も次第に開かれます。求めていた出口が見えて来るでしょう。続けて来た努力は報われます。

▼21-翌1時の背景や顛末 之卦:沢地萃

沢地萃


▼沢地萃の卦辞と解釈

沢地萃(たくちすい):「萃、亨。王假有廟。利見大人。亨。利貞。用牲吉。利有攸往。」すいは、とおる。おうゆうびょうにいたる。たいじんをみるによろし。とおる。ただしきによろし。たいせいをもちいてきちなり。ゆくところあるによろし。


乾いた大地に広大な湖が広がります。潤いを求めて人と物が集まります。周囲は賑わい、喜びに満ち溢れます。しかし、人が集まるところに争いあり。事故の危険も、望まぬ人も忍び寄ってきます。関わる相手を慎重に選びましょう。正しき道を進めば、繁栄と成功が期待できます。成功に溺れず、先への備えも忘れずに。


■誰でも分かる易経講座

易とは、古代中国で生まれた思想の一つ。陰陽思想などを背景とし、卜辞を編集して生まれたとされる。伝説において、易の著者は伏羲とされている。 易とは、「変化(不変)」という意味を持ち、天地自然の変化と不変を説いたものとされる。 易とは古代中国で考えられ、その後の賢者たちにより研究が重ねられ、体系化されてきた壮大な自然哲学であり思想でもある。

周易とは、古代中国で生まれた易を元に、周朝の始祖である文王と、その四男である周公旦の手により体系化される。 伝説上では、文王が殷の最後の王(30代)となる紂王により、羑里に幽閉されていた際に周易(卦辞)を考案したとされる。 その後の周公旦が爻辞を考案することにより、周易が体系化され、上下(上編30卦 下編34卦)の二編から構成される。

易経とは、古代中国で生まれた易の思想や周易の内容に解説や注釈(十翼)を施し、儒教の経典として体系化したものとなります。 周易の上下二編を上経(30卦)下経(34卦)とし、十翼[彖伝(上下)、象伝(上下)、繋辞伝(上下)、文言伝、説卦伝、序卦伝、雑卦伝)]を加えて編集したものが、儒教の経典でもある易経となります。 伝説では、儒家の始祖となる孔子の手により周易の解説ともなる十翼が書かれたとされます。

易経の成立や歴史に関しては、上記の他にも色々な伝説が存在しています。 ここでは、伏羲が八卦(六十四卦)を考案し、文王が羑里に幽閉されていた際に周易(卦辞)を考案、その後の周公旦が爻辞を考案することにより成立したとされる説を背景にしています。 その後、儒家の始祖となる孔子により、この周易の解説となる十翼が加わることにより、儒教の経典となる易経が誕生したという一連の伝説を元にしています。 最近の研究では、歴史的にこのような伝説の内容に相違があるとされますが、このような専門的な部分に関しては専門家の手に委ねたいと思います。

断易とは、中国の春秋時代から戦国時代の時期に生まれたとされる占術であり、鬼谷子が考案したとされる。 断易は、別名五行易とも呼ばれ、易卦を構成する各爻に12支を配当し、五行の相生相剋の関係で占断するのが特徴である。 周易の特徴は、占い結果が抽象的であり、受け取る人の心に結果を見出すことになりますが、断易の特徴は五行の関係から結果が明確になるという点になります。

梅花心易とは、中国北宋時代(11世紀ごろ)に生まれたとされる占術であり、天才儒学者でもある邵康節が考案したとされる。 周易や断易とは違い、梅花心易では目の前に広がる光景や日時などを元にして易卦を立て、未来を占うというのが特徴になります。 梅花心易では筮竹などは使用せずに、易者が基準としたものから立卦します。 導き出された易卦の五行関係や卦辞、爻辞を全て考慮して占い結果を出すのが梅花心易になります。

周易や断易などの易経を元にした占いは、卜術と呼ばれる占術の分類になります。 梅花心易も同じ卜術であり、同じことを何度も占うことは禁止事項と易経の中にも記されています。 占い結果を謙虚に受け止めることや、その内容に応じて誠実に対応していくことが大事なことであり、易経を元にした各占いをする際の最低限の心構えになります。

東洋の占術では干支を元にした暦を用いるのが基本になります。 年月日時を六十干支で表記し、様々な東洋占術で使用されています。 中国北宋時代の儒学者であり、梅花心易の考案者である邵雍が著した皇極経世書では、この時間概念を年月日時からさらに押し広げ、元会運世年月日辰としています。 1元は12会であり1会は30運、1運は12世であり1世は30年、1年は12月であり1月は30日という概念が基本となります。 1元は129,600年、1会は10,800年、1運は360年、1世は30年というのが基本となり、世界的な世相や人類の歴史と運命を読み解くことができるとされています。

易経は儒教の経典の一つでもあり、長い歴史の中で信奉されている思想であり哲学の一つでもあります。 周易や断易、梅花心易などで卦を立て占う際には、そのような背景を考慮し、敬虔な姿勢で占いをするようにしてください。 神社で願い事をする時の姿勢や、寺や教会で祈りを捧げるような敬虔な姿勢で占い、占い結果を謙虚に受け止めていくことが大事になります。

易経を元にした周易や断易、梅花心易などの各種占術に関しては、その流派や解釈する人の価値観などにより、結果が大きく異なることがあります。 その違いに悩むようなことはせず、その時得られた言葉や内容に謙虚に心を開くようにしてください。 易経を占いで活用する際には、各易卦の意味や詳細を追及することではなく、その時得られた言葉自体が大事なものであると捉えることが大事になります。 このように考えることで、易経がより身近なものになり、より確かな人生の指標となることでしょう。 ここでは、易経の専門的な歴史や解釈の内容は、専門の易学者の方に委ねるものとします。

■誰でも分かる易経講座


■きつねの易占いからのご案内

人類が研究し続けてきた「暦」という叡智から、時流の流れを掴むことを目的とした開運メルマガを配信中です。 時流を知ることにより、運という目に見えないものを感じ、好機を掴むことができるでしょう。


■きつねの易占いからのご案内